カテゴリ:AVA検証 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

AVA フラッシュバンのバグ対処法と原因

2013/7/24の日本アップデートでフラッシュバン(M116A1 閃光手榴弾Ⅱ)のバグが発生しています。



対処法
・5.1ch、7.1chサラウンドにしている人は2.1chにする。


フラッシュバンの修正で、本来は音がなくなるはずなのに、それが残ってしまったから発生したバグでしょう。

いずれにしろ今回の原因は6/26の日本アップデートで、フラッシュバンの修正をしなかったからだと僕は思います。

韓国では4/23のアップデートで、UAVバグの修正や赤点時間短縮とともにフラッシュバンの修正も入っていたので、本来なら6/26の日本アップデートで修正すべきでした。


1)フラッシュ効果の適用範囲と適用時間を拡大し、機能が確実に動作するように改善しました。
既存変更
爆破遅延時間1.3秒2.0秒
射程距離前面襲撃/約4.7メートル
背面襲撃/約3.3メートル
約7メートル(前後区分なし)
距離別のフラッシュ効果距離に応じてかわる距離に関係なく一定にする
フラッシュ持続時間不規則約3〜3.5秒(前後区分なし)
サウンドノイズあるなし

2)ゴーグルアイテムが異常動作して、フラッシュの効果を完全無効化したのを修正。

- 過去のゴーグルを着用する場合は、フラッシュの効果をほぼ100%カットしましたが、バランスを取るためにゴーグルのフラッシュオフ時間を現在の適用時間の約10%に短縮しました。

3)キャッシュゴーグルアイテム[DefA CU686]販売終了



フラッシュバンの修正を先送りして、次のパッチをあててしまったために、バグが発生したと思われます。

だからフラッシュバンを修正するパッチいれたら根本的になおるかもね。

なぜ修正しなかったのかといわれると、推測になってしまうんですが、韓国開発はフラッシュバンを再度修正するような案を出しているので、その修正が入ってからまとめてパッチを適用するような形に日本運営はもっていきたかったのかなと。

または、フラッシュバンの修正を後回しにせざるを得ないような状況があったんでしょう。

最近はバグがひどいですね。韓国で起こっているバグならまだ諦めようがあるけど、日本独自のバグとなると、どうにかできなかったのかなって思ってしまう。

7/27に東京で3次オフライン大会あるけど、大丈夫なんでしょうかね。大会武器にフラッシュバンは入ってるけど、なおるパッチが入らなかったら場合は使用不可になるかもね。持ち運び可能な5.1chサウンドカードとかあるし。

相手に投げつけてPCごとノックアウトなんていう荒業が大会で行われるとさすがに笑えない。
スポンサーサイト

貫通バグは日本だけではなかった

韓国には公式ページに大きな掲示板があって、ユーザーが自由に投稿、コメントできます。

その中に貫通バグに関しての投稿があったので紹介と確認。しゃんしゃーブログでも紹介してます。

韓国のルシファーさんの投稿(准将でSD 0.99なのが何とも言えない)
サイレンサーペナルティについて

開幕装備済みのサプレッサースキルを弱体化するぜ!→貫通レベルも弱体化→ダメージバグ発生という流れでしょうか。

結局、この前のアップデートでサプレッサーをつけると
・射程距離が短くなる
・貫通性能がなくなる


という大幅な弱体化をしたということ。

韓国開発は潜水艦パッチをしないという大義名分を掲げているので、これはバグといえるでしょう。射程距離を短くするとは告知してたし。


にしてもこのパッチは韓国で6/25に入ったばかりのパッチ。これが日本にも適用されているとなると、日本AVAは一体どんな状態なんだ。

確かに韓国での実装順に、順番に日本にパッチを適用していく必要はない。

でもこうやってぐちゃぐちゃに日本に適用されると日本AVAのどこがどう変わったのか把握できない。潜水艦パッチだらけで重要なアップデートも見逃しているかもしれない。

SG556だって、だれがどう見ても弱体化してるのに告知なし。実装しないと言っていたマルチウェポンシステムが形だけの実装。

この状況でグローザが弱体化してないと言われても何の説得力もないですね。弱体化とはいっても防弾服貫通性能を弱くしただけで、体感できにくいレベルなので皆気付かないのもしれない。

日本AVAと韓国AVAの状態をとりあえず一緒にするっていうのも、一つの手じゃないかなぁ。マガBとかマルチウェポンとか独自の日本仕様をそのあとで修正する。

ちょっと面倒くさいし、色んな問題が出てくるだろうけど、今の「誰もわからない日本AVA」の状態よりはマシな気がしてきた。

AVA QCによる無音射撃

AVA QCということで、今回は3/13日本アップデート以降のQCによる無音射撃の動画を撮ってきました。途中で音が入っちゃってるけど比較対象としてみればちょうどいい。



以前は壁に弾があたってポスっていう音がしていたのが、なくなっているのがわかると思います。弾痕すらつかない。

あるのは取り出し音だけ。全スナイパーライフルにサプレッサーが実装されました。

実はどの武器でもできます。ARの武器でも一発撃つごとにQCすれば音が消せる。敵の後ろを取ったときに、取り出しが早い武器や攻撃力が高い武器なら実用性があるかも。

ただ現状はSRが更に強くなるバグ。ARでせっかくフェイント成功しても、相手が撃ってるかどうか分かんなかったら効果半減。

韓国開発さん、修正はよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。