2013年02月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

AVA 推奨パソコン ハイエンド 2013

AVA 推奨パソコンのBTOがGTUNEから、ノートパソコンがDELLことALIENWAREから出てます。

そこで僕はBTOやノートパソコンじゃなくて、自作できる人のためのAVA推奨PCの構成を考えてみました。今回はハイエンドなんですが、AVAというにはちょっとオーバースペックな構成となってしまいました。

現実的な構成は次に書くミドルレンジのパーツと検討して、これはいるけどこれはいらない、という風に自分で選ぶ形になると思います。


てんてんが選ぶAVA推奨PC/ハイエンド: 全部で19万5998円(4/9時点)

常識的な値段の範囲でAVAはもちろん、BF3など他のゲームも快適にできる構成。

CPUはIvy Bridgeの一般向け最上位Core i7 3770K。Ivy Bridgeのパフォーマンスを最大限に活かすなら「殻割り」という、CPUの中身をあけてグリスを塗りなおす作業が必要なんですが、失敗したら3万が飛ぶので無理にする必要はないです。

ただ成功したらOCした時に10℃近く違うので、お金がある人や扱いに慣れてる人はチャレンジしてみては(自己責任)。

CPUクーラーは空冷でトップクラスの冷却性能を誇るSilverArrow SB-E Extreme。コストを抑えるなら兜2とかZALMANのCNPS9900-MAXBとかもいいですね。

OCに強いASUSのゲーミングマザーを選択。もうちょっとコストを抑えたいならP8Z77-V PROや、ASRockのZ77 Extreme6などもいいです。

メモリは永久保証、定格は1600ですが、XMP対応(OC)でDDR3-1866で動くDDR3 PC3-12800のW3U1600HQ-8G。アタリならDDR3-2133まで狙えます。ワンランク上げるなら8GB×2で16GB・PC3-14900・DDR3-1866で動作するゲーマー向けのF3-1866C10D-16GABもアリ。

グラフィックボードはOC耐性があって静かなASUSのGTX680。オーバークロックモデルですが、更なるOCも狙えます。上位モデルのGTX680-DC2T-2GD5もアリ。

SSDは安定してて1GBあたりの単価が安く、保証が長いIntel SSD 335 240GB。120GBでも十分だとは思うけど、円安でだいぶ値段が上がってしまったので、割高感がして1GBあたりで見ると円安前と同じくらいのこいつを選択。

HDDはSeagateの2TB。2TBもいらないって人は1TBのST1000DM003/Nもいいですよ。

電源は迷いましたが、今回はコスパ重視で玄人志向のKRPW-PT850W/92+にしました。電源だったら玄人志向は割りと定番で、この値段で80Plusプラチナム認証とプラグイン対応です。他の候補として、内部設計と性能重視でAX1200i、とにかく大容量で安いX7-1200。

PCケースは人気のDefine R4。静音重視ながらも冷却性能も良い万能ケース。

DVDドライブは安いやつでいいかなと。ブルーレイとかも見たいって人はもうちょっと出せば買えます。

WINDOWS7です。8をちょっと触ったんだけど、スタートボタンがなかったり面倒くさいって感じる人が多いと思ったので。


ゲーミングデバイス編:全部で10万9257円(2/26時点・新品)

別にSteelSeriesの回し者ではないですが、サイドボタンの押しやすさと持ちやすさ、全体的な性能の高さからSteelSeries Senseiがおすすめ。QCをサイドボタンでやれば、ほとんど持ち方をかえる必要がないため、SRに最適。

マウスパッドはQCK heavy。QCK+と比べると厚さが6mmになっていて、より安定したAIMに。大は小を兼ねる。将来ローセンシになってもこれなら大丈夫。

キーボードは東プレの91UBK。ふちが独特でカタカタいうので、好みが分かれるかもしれない。静音モデルもあります。テンキーレスで同時押し対応、連射しやすい。テンキーありならREALFORCE 108UBK。

色が微妙っていう人はおしゃれなFnatic Editionがあります。SteelSeries Sensei Fnatic Edition・QcK+ FNATIC Limited Edition。

ヘッドセットはSennheiserの密閉型 PC350。耳にあてる部分は細長くてすっぽりと耳を覆ってくれます。革なので付け心地もいいです。音・定位・マイクはどれもしっかりしています。

サウンドカードはこれ。今のAVAの仕様だとなくてもいいかもしれないが。モニタはBenQの120Hzでしょう。FPS特化なのでおすすめ。モニタアームは自由度の高いエルゴトロン製。

こんな感じです。けっこう僕の偏見も入ってるので参考程度に。次はミドルレンジです。
関連記事
スポンサーサイト

AVA 世界大会決勝 まとめ② AIC Japan2013

AVA AIC Japan2013 世界大会決勝 動画まとめ②

今回はニコファーレでの特設放送ということもあり、にこにこ動画のほうが画質がいいです。プレミアム会員なら広告も出ないのでこちらのほうがおすすめ。


第一試合 0:46:35~ CoolBoys VS 韓国 Astrick- 
第二試合 2:12:10~ DeToNator VS 韓国 Astrick-
第三試合 4:41:20~ DeToNator VS 台湾 ahq_e-sports Club

一般会員の方はUSTREAMもアリ。画質がちょっと落ちて広告が目立つけど、普通に見れる。


Video streaming by Ustream
第一試合 00:44:50~ CoolBoys VS 韓国 Astrick- 
第二試合 02:10:40~ DeToNator VS 韓国 Astrick-
第三試合 04:43:00~ DeToNator VS 台湾 ahq_e-sports Club

台湾の47選手が今大会のMVPといっても過言ではないでしょう。上手いPARAとSRがいるチームはやっぱり強い。


今回の大会で学べたことはたくさんあったと思います。空爆や強ポジ、立ち回り、作戦など日本国内では知られていないものが試合の随所に見られます。

僕が思ったのはこういうものをもっと日本国内で共有できないか?ということ。

例えばAVA Wikiで外国のクラン戦動画を貼って、その作戦について自分達の意見を言い合って、分析して自分達のものにしていくとか。

もちろん日本国内の大会で、自分達のクランが勝つことが最優先なんだけども、立ち回りや作戦などを研究して日本国内全体のレベルを上げることも重要ではないかと思うんです。

ただ結局みんな面倒くさくてやらないのが現状なんだよな。一銭にもならないし。

AVA運営はこういう作戦とか立ち回りとかの情報に対してゲーム内報酬を出すキャンペーンをやればいいのに。イラストコンテストとかフラグムービーもいいけどさ。
関連記事

AVA 世界大会 動画まとめ① AIC Japan2013

AVA 世界大会であるAIC Japan2013が開催。今回は2/23の動画まとめ。

2/23、2/24の二日間あるので今日見逃したって人は明日見てみてください。

各国の研究されたグレネードや、壁抜きなど見所がたくさんあります。上手い人の動きを見ることはとても重要です。いいところはどんどん盗みましょう。

優勝 1万ドル(93万円くらい)、準優勝 8000ドル(74万円くらい)、3位 5000ドル(46万円くらい)と賞金もでかい。

553.jpg

にこにこ動画もありますが、高画質で、フルスクリーンでも文字が潰れないUSTREAMがおすすめ。フルスクリーンなら広告が目立たないのもいい。一つ一つの試合が3本勝負なので、全部見ようと思うとかなり長いです。

第1試合 EU-CrackHeads VS 韓国 Astrick-


Video streaming by Ustream
第2試合 台湾 ahq_e-SportsClub VS 中国 Sec、KILL
第3試合 台湾 ahq_e-SportsClub VS 日本 CoolBoys
第4試合 韓国 Astrick- VS 中国 Sec、KILL
第5試合 中国 VS CoolBoys
第6試合 EU VS 台湾
第7試合 CoolBoys VS EU
第8試合 台湾 VS 韓国
第9試合 韓国 VS CoolBoys 最初の部分
第10試合 EU VS 中国
第11試合 日本 DeToNator VS 日本 CoolBoys
第12試合 韓国 VS 中国
第13試合 韓国 VS DeToNator
第14試合 中国 VS CoolBoys
第15試合 DeToNator VS 韓国
第16試合 CoolBoys VS 中国
第17試合 DeToNator VS 中国
第18試合 CoolBoys VS 韓国

ページが重くなるので、最初の一つだけ動画を埋め込みました。見たい試合はリンク先でどうぞ。

朝9時から夜の9時半まで一日中ありました。選手達はさぞ疲れたでしょう。試合数多すぎていつかのWBCみたいになってる(笑)

明日もあるのでお楽しみに。結果をまとめる予定。
関連記事

AVA Luger P08 高速タップ②

AVA Luger P08の高速タップ動画。

Luger_20130220022756.png



個人的にルガーは弾が少なくてかなり連射しやすいと思う。あまりジャムらない。

取り出し速度は0.533秒、0.45秒(SR)でサブ武器最速。

連射速度も50と高く、セミオートのハンドガンの中ではFN57に次ぐ速さ。

よくWalther P38と比べられますが、ワルサーは火力が高いかわりに連射がないので、高速タップするとジャムることが多々あります。

参考として5メートルでワルサーは08胴3発なのに対して、ルガーは4発。10メートルでワルサーは08胴6発、ルガーは5発。(簡易検証結果なので、ランダムダメージによって誤差あり)

ちなみに10メートルではどちらもHS 3発必要でした。HS一発でヘルメットが取れても2発目で仕留めきれない。

高速タップできる人はLuger P08も選択肢としてアリかも。
関連記事

AVA FN57 高速タップ①

AVA FN57を高速タップするとこうなる。

動画の途中で変なのが映ってますが気にしない。リコイル等はしてません。

FN57.png



AVAのハンドガンはただ高速タップすればいいってもんじゃなくて、その銃独自のリズム(連射速度)に合わせないとジャムってしまいます。

FN57は弾が多いので、僕は全弾撃つのにジャムる場合が多いです。実践なら尚更。

上手くリズムに合わせて撃つと、弾が減らずにたくさん撃つことができます。検証してないので本当かどうかはわからないんですが、増えた分のダメージはないらしい。暇がある時にやるか。

今回はAVA FN57 高速タップ第一弾でした。これから持ってる武器は高速タップ動画を挙げていこうと思ってますが、持ってないサブ武器は落ちてる武器として拾えないからちょっと厳しいかも。
関連記事

AVA POWER PLANT/Beretta Nine

AVA POWER PLANT/Beretta Nine、2013/2/13 日本アップデート。ソース

POWER PLANTは日本語で発電装置、発電所などの意味。

1分20秒あたりから見ると、既に設置地点にC4が置いてあって、それを起動するだけということが分かります。


リスポからわざわざC4を持っていかなくていいので楽です。C4がバグってリスポに戻るなんてこともないし、C4の取り出し音で位置ばれするなんてこともない。

ただ、有利な場所にC4を設置するのは無理だし、C4の解除をしながら敵が現れそうな場所を見ておくなんてこともやりにくい。


AUTO 9 ことBeretta Nineが遂に実装。
nine.jpg



ロボコップが使ってる銃としても有名。
img_730674_62794167_0.jpg

ロボコップは金曜ロードショーとかでよく見たイメージ。ファンにとってはこれ以上ないロマン武器ですね。

サブ武器なので、メイン武器の半額で回せる。実装当日は大回転が予想されます。


rx4_20130212193258.jpg


RX4-Raffinのトキカケも登場。久々のユーロガチャで割りと強そうなので期待大。

過去に韓国での実装当初のダメージ検証の記事も参考に。
関連記事

AVA RST2013 Season1

公式大会AVA RST2013 Season1の特設サイトがオープン。爆破護衛

今回は使える武器を全部表にしてくれました。わかりやすい。こちらとしても確認する手間が省けた。

いつかの大会みたいに色違いの武器やボムを使って失格という、しょーもないことにならないように確認をお願いします。

※クリックすれば拡大できます。
456.jpg
442.jpg

今回は参加賞があります。一つにつき一万ユーロで二つ出れば2万ユーロ。

参加賞つければ人が増えて大会が盛り上がるけど、それだけ不戦勝とかが増えるから何とも言えないんだよな。今回はとにかくたくさんのクランに出て欲しいという運営の判断でしょうか。

爆破の賞品
438.jpg

護衛の賞品
439.jpg

そして今回、一番注目すべきはこれ↓ 当大会はすべてオンラインで行いますとのこと。

名称未設定

あれ?この前の配信でこんなこと言ってたよね・・・?
名称未設定3
名称未設定4
名称未設定6

2013上半期のアップデートということで、僕はてっきり今回からと思ってましたが違うようです。

オフライン大会開くのにお金がかかるにしても、決勝までオンラインっていうのはなんだかなぁ。オンラインだからそれだけレベルが高くなることは予想されるけど、チート対策とかは大丈夫なんですかね。



こんなんが出てきたらシャレにならんで。
関連記事

AVA SA58 Para カスタム③2Fingers Tapping

AVA SA58 Para カスタム③とツーフィンガータップ(2fingers tapping=ツインタップ)。
SA58_Para_Ren_RESIZED.jpg

以前紹介した二本指タップことツインタップを試してみたら予想以上に良かったので、カスタムと一緒に紹介。あくまで僕の主観です。

ライフリング強化バレル+人体工学グリップ+RCSストック:定番カスタム。REB+G+RCS。このカスタムが一番使用者が多いんじゃないかな。HS一撃距離最大のREBに精度上昇のGと安定プラスのRCSカスタム。

-- REBは連射が落ちるので扱いやすく、しゃがむと安定するRCSと合わせることで使いやすい。Astrickが使っているカスタムとしても有名。高速タップするとかなり安定するので、ツインタップとも相性がいい。

ロングレンジバレル+人体工学グリップ+RCSストック:高速タップカスタム。LRB+G+RCS。HS一撃距離こそわずかにREBに劣るものの、その分連射があるので近距離は強い。僕の場合はREBよりHSが出やすい。1秒間に10回以上クリックできるなら選択肢として十分アリ。

-- ツインタップに慣れてきて、安定してタップできるようになってきたらおすすめのカスタムです。しゃがみの集弾は健在なので、高威力の弾を高連射で叩き込めます。

スベツナズエディション+人体工学グリップ+RCSストック:HS量産カスタム。面白いほどHSが出る。この中では一番扱いやすいと思う。ちょっと横ブレが気になる程度。しゃがまずにレレレストッピングでも十分に戦えるため、M4やAMDなどの高安定武器が好きって人はこれ。

-- 扱いやすい代わりに、他と比べると威力が低いので物足りないと感じてしまうかもしれない。ただそれを補うHSのしやすさがある。

今回はバレル+グリップ+RCSストックのカスタムを紹介しました。他にも精密T+GとかGのみとか色々あるけど、初心者から上級者まで使えるカスタムとしてとりあえず上記のようなカスタムを挙げました。


2Fingers Tapping=ツインタップ [Twin Taps]について。

二本指タップってなんかダサいし、2 fingers tappingは長すぎるので友人にいい名前ない?って聞いたら"ツインタップ"って返ってきたのでそう呼ぶことにします。他にいい名前があったらコメントへ。

ツインタップなら練習すれば誰でもできます。最初はマウスの持ち方変わるし面倒だなって思ってたんですが、いざやってみたら案外簡単にできて、Paraが格段に扱いやすくなったので高速タップできない人は是非やってみてください。



左クリックのツインタップはこちら。ライフリング強化バレルです。どちらも動画を同期するのが面倒だったので、手元動画とつなげてます。見づらくてすみません。何か指先が気持ち悪い・・・

ライフリングのほうは薬指が浮いちゃってますね。僕は今日はじめたばっかりなのでまだまだ不安定。皆さんならしっかり掴んでリコイルしながらいけるはず。

別に発砲ボタンを右クリックにする必要はありません。そうしたほうがタップが安定しますが、操作が大きくかわってくるので、左クリックのツインタップが無理って思ったら変えてみましょう。練習すれば左でも十分です。

ツインタップのフラグムービー。かなり安定してる。

メリット:Paraなどのバトルライフルが格段に扱いやすくなる。
デメリット:マウスの持ち方が変わるので慣れが必要/マウスが痛みやすい

ツインタップ

ツインタップのポテンシャルは高く、3秒間に50回以上(1秒間に17回以上)することも可能です。これであなたもiNEGAや高橋名人の仲間入り!?
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。