スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

AVAピックアップ記事⑤壁貫通と右壁左壁・先見え後見え

壁貫通表 AVA wikiより。
貫通

これを知らないと初心者扱いされるので注意。INDIAの厚い壁をDSRとかFRとかで壁貫通させようとする人をたまに見ます。自分の武器の貫通レベルを把握しておきましょう。

AVAにも弾の大きさっていう概念があって、数値上は同じ攻撃力でも弾の大きさによって敵に与える威力が大きく違ってきます。

F2000とOTs-14 Grozaを例にすると、どちらも同じ攻撃力35ですが、OTs-14 GrozaはVSSと同じ9 x 39mm弾を使ってるので与えるダメージが大きいです。ただサプレッサーつきなので貫通レベルは一般的なARレベル。


右壁左壁:AvAclanSakiya Wiki*

右壁左壁

AVAの兵士は右利きで、右に体が傾いてます。だから右壁で待つと先に頭が見えて有利ってこと。

UAVは頭判定です。敵の頭が見えないと撮れないので、こういうのもあるってことを頭にいれときましょう。


交戦壁と先見え後見え上下の交戦壁:残念ながら

要は敵の出現箇所から一番近い壁と距離をとりましょうってこと。その距離が敵より長ければ先見え。短ければ後見え。

他ゲーのブログですが、Floorクランブログ: 先見え・後見えの理論も見ておくといいです。分かりやすい!
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。