スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

AVA 推奨パソコン ハイエンド 2013

AVA 推奨パソコンのBTOがGTUNEから、ノートパソコンがDELLことALIENWAREから出てます。

そこで僕はBTOやノートパソコンじゃなくて、自作できる人のためのAVA推奨PCの構成を考えてみました。今回はハイエンドなんですが、AVAというにはちょっとオーバースペックな構成となってしまいました。

現実的な構成は次に書くミドルレンジのパーツと検討して、これはいるけどこれはいらない、という風に自分で選ぶ形になると思います。


てんてんが選ぶAVA推奨PC/ハイエンド: 全部で19万5998円(4/9時点)

常識的な値段の範囲でAVAはもちろん、BF3など他のゲームも快適にできる構成。

CPUはIvy Bridgeの一般向け最上位Core i7 3770K。Ivy Bridgeのパフォーマンスを最大限に活かすなら「殻割り」という、CPUの中身をあけてグリスを塗りなおす作業が必要なんですが、失敗したら3万が飛ぶので無理にする必要はないです。

ただ成功したらOCした時に10℃近く違うので、お金がある人や扱いに慣れてる人はチャレンジしてみては(自己責任)。

CPUクーラーは空冷でトップクラスの冷却性能を誇るSilverArrow SB-E Extreme。コストを抑えるなら兜2とかZALMANのCNPS9900-MAXBとかもいいですね。

OCに強いASUSのゲーミングマザーを選択。もうちょっとコストを抑えたいならP8Z77-V PROや、ASRockのZ77 Extreme6などもいいです。

メモリは永久保証、定格は1600ですが、XMP対応(OC)でDDR3-1866で動くDDR3 PC3-12800のW3U1600HQ-8G。アタリならDDR3-2133まで狙えます。ワンランク上げるなら8GB×2で16GB・PC3-14900・DDR3-1866で動作するゲーマー向けのF3-1866C10D-16GABもアリ。

グラフィックボードはOC耐性があって静かなASUSのGTX680。オーバークロックモデルですが、更なるOCも狙えます。上位モデルのGTX680-DC2T-2GD5もアリ。

SSDは安定してて1GBあたりの単価が安く、保証が長いIntel SSD 335 240GB。120GBでも十分だとは思うけど、円安でだいぶ値段が上がってしまったので、割高感がして1GBあたりで見ると円安前と同じくらいのこいつを選択。

HDDはSeagateの2TB。2TBもいらないって人は1TBのST1000DM003/Nもいいですよ。

電源は迷いましたが、今回はコスパ重視で玄人志向のKRPW-PT850W/92+にしました。電源だったら玄人志向は割りと定番で、この値段で80Plusプラチナム認証とプラグイン対応です。他の候補として、内部設計と性能重視でAX1200i、とにかく大容量で安いX7-1200。

PCケースは人気のDefine R4。静音重視ながらも冷却性能も良い万能ケース。

DVDドライブは安いやつでいいかなと。ブルーレイとかも見たいって人はもうちょっと出せば買えます。

WINDOWS7です。8をちょっと触ったんだけど、スタートボタンがなかったり面倒くさいって感じる人が多いと思ったので。


ゲーミングデバイス編:全部で10万9257円(2/26時点・新品)

別にSteelSeriesの回し者ではないですが、サイドボタンの押しやすさと持ちやすさ、全体的な性能の高さからSteelSeries Senseiがおすすめ。QCをサイドボタンでやれば、ほとんど持ち方をかえる必要がないため、SRに最適。

マウスパッドはQCK heavy。QCK+と比べると厚さが6mmになっていて、より安定したAIMに。大は小を兼ねる。将来ローセンシになってもこれなら大丈夫。

キーボードは東プレの91UBK。ふちが独特でカタカタいうので、好みが分かれるかもしれない。静音モデルもあります。テンキーレスで同時押し対応、連射しやすい。テンキーありならREALFORCE 108UBK。

色が微妙っていう人はおしゃれなFnatic Editionがあります。SteelSeries Sensei Fnatic Edition・QcK+ FNATIC Limited Edition。

ヘッドセットはSennheiserの密閉型 PC350。耳にあてる部分は細長くてすっぽりと耳を覆ってくれます。革なので付け心地もいいです。音・定位・マイクはどれもしっかりしています。

サウンドカードはこれ。今のAVAの仕様だとなくてもいいかもしれないが。モニタはBenQの120Hzでしょう。FPS特化なのでおすすめ。モニタアームは自由度の高いエルゴトロン製。

こんな感じです。けっこう僕の偏見も入ってるので参考程度に。次はミドルレンジです。
関連記事
340:No title

誤りがあるので一応報告
「全部で22万3098万円」

2013.04.05 03:51 takano #- URL[EDIT]
341:No title

>>takanoさん
修正しました。ご指摘ありがとうございます。

2013.04.05 09:40 名無し #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。